« 電脳コイル | トップページ | 液晶テレビの保護パネル »

液晶テレビの保護パネルを自作

うちの子は男の子なもので、けっこう活発に色々と遊んでいます。それはよいのですが、
液晶テレビの画面の傷が気になってきましたので、その保護のために液晶保護パネルを自作してみました。

まず、うちのTVはシャープの40型、LC-40LX3 で、画面の外枠サイズが97cm×62cm、画面サイズが87cm×50cmです。色々と各社の保護パネル製品を見てみましたが、このくらいならと思い、自作してみました。

設計方針は以下のものです。
・液晶TVの画面部分を全て覆い、外力による傷を防護すること。
・液晶TV本体と液晶パネルとは、取り外し可能とし、完全に固定しないこと。
 これは、液晶パネルが傷ついたときに、容易に取り替え可能とするためです。

・アクリル板は、反射型タイプとすること、ノングレアタイプでは画質が劣化するためです。

必要となる部材は、以下のものです。全て、近所のDOit(ドイト)で入手可能でした。

 アクリル板(透明) 2mm × 91cm × 61cm (住友化学のスミペックス)
 アルミL字アングル 1m× 30mm × 30 mm (同等の商品を示します。実際には黒色の商品を使いました。)

 スコッチ・スーパープレミアムG(超強力両面テープ)

 スコッチ・はがせる両面テープ・超透明・薄手 ステンレス六角ボルト M4×10mm

 ナイロンテグス5号 

作り方は以下の通りです。

(1)アルミL字アングルを、アクリル板の長辺の長さに併せて切る。
(2)アルミL字アングルの両辺に孔を開ける。中央部から線対称な位置が望ましいです。

   この工作はドイトの工作室でやってもらいました。

   一方の辺の孔には、テグスを結びつけて液晶TVの背面に結わえます。
   他方の辺の孔は、アクリル板との間で六角ボルトで締結するための孔です。

(3)アルミL字アングルと、アクリル板の長辺を、両面テープで接着します。

Photo

 
(4)アルミL字アングルの孔に併せて、アクリル板に孔を穿ちます。
(5)アルミL字アングルと、アクリル板とをステンレス六角ボルトで締結します。

Photo_3

(6)アルミアングルを液晶TVの上部に引っかけます。
(7)アルミアングルの一方の辺の孔に、テグスを結びつけて液晶TVの背面に固定します。

Photo_2


(8)液晶テレビの下枠と左右枠に、張り替えられるタイプの両面テープを貼ります。

Photo_4

制作した結果はこれです。なかなか巧くできたのではないかと思いますが如何でしょうか。

01

Photo_5

|

« 電脳コイル | トップページ | 液晶テレビの保護パネル »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110295/58063527

この記事へのトラックバック一覧です: 液晶テレビの保護パネルを自作:

« 電脳コイル | トップページ | 液晶テレビの保護パネル »