« ポケモントレッタ | トップページ | 液晶テレビの保護パネルを自作 »

電脳コイル

今更ながらTVの再放送を見て、ストーリーの面白さと設定の緻密さに驚かされましたので、お布施の意味を兼ねてDVDを購入して、視聴を始めたところです。

TVの放送はNHK教育で2007年度5月から2クールで、いまから6年も前になります。そのころの自分は、丁度、受験で忙しさ真っ直中の頃でしたが、なぜか、第6話だけは見た記憶がありました。面白そうだとは思ったのですけれど、とても毎回チェックするだけの気力と体力と時間は無かったのですね。

物語の中では、「電脳メガネ」と呼ばれるメガネを介して、コンピュータやネットワークにアクセスできるというものです。電脳メガネとは、実在の物質をマッピングした情報を表示するのに加えて、メガネをを介してのみ見ることができる「電脳物質」や「電脳ペット」を現出させ、空中にキーボードやモニターを現出させ、指を電話のように翳すだけで電話できるという機能を実現するというものです。実際には、この電脳メガネは単なる表示端末で、サーバが裏で演算して、これらの電脳世界を表しているそうです。この電脳メガネには、技術者としても、すぐにでも実現したいような機能が山のように盛り込まれています。しかも、「電脳コイル」では、これらの技術を、視聴者にもわかりやすいように、少しずつ紹介しているのが巧いです。例えば、メガネを外すと電脳物質や電脳ペットが見えなくなり、メガネを経由してのみ、これらのものが見えるというものです。

電脳コイルで繰り返し出てくるキーワードは、「都市伝説」です。例えば、ミチコさんという不気味な怪談キャラクタに出会うと、「あっちの世界」に連れてゆかれてしまうものです。これらの都市伝説は、ストーリーの展開や伏線を貼る上で重要な役割を果たしています。

キャラクタデザインは地味ながらも作画は丁寧で、かつ動画はよく動いており、ちょうど、かつての「未来少年コナン」を思わせるような出来映えです。地味だからこそ、DVDの売り上げとしては苦しかったのではないかと思います。だからこそ、今更とは思ってもDVDを購入しました。

キャラクタの中でもっともも「立って」いるのが「イサコ」こと「天沢勇子」です。謎の転校生として暗号屋の技を駆使して、「イリーガル」という電脳生物を追い、「キラバグ」と呼ばれる電脳物質を収集しています。彼女はなぜ、暗号屋の技を使えるのか、そして、なぜキラバグを収集しているのかが、興味深くおもえます。

いまでは、うちの子(9歳)と一緒に、毎週欠かさずに再放送を見ています。いまは、まだ8話「夏祭り、そして果たし合い」までしか見ていないのですが、そのうち、再度このブログに記事を書いてみたいと思います。

|

« ポケモントレッタ | トップページ | 液晶テレビの保護パネルを自作 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110295/56881899

この記事へのトラックバック一覧です: 電脳コイル:

« ポケモントレッタ | トップページ | 液晶テレビの保護パネルを自作 »