« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

実用新案技術評価書

実用新案技術評価書というと、無審査で登録される実用新案登録出願の権利行使の際に、権利の有効性を特許庁が判定する書類です。これを、特許電子図書館(IPDL)で調査する方法について調べましたので、備忘録として記載します。

まず、経過情報検索 ⇒ 範囲指定検索をクリックします。
http://www1.ipdl.inpit.go.jp/RS1/cgi-bin/RS1P002.cgi

「種別」メニューの中の「技術評価書請求一覧」を選択して、31日以内の範囲を指定すればOKです。試しに、20000101 ~ 20000131 を指定すると、119件が検索できました。
ここには、判定請求とか判定の結果とかも出ていますし、マクロ的に色々な分析をすることができて良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音声出力器

車内で「バッキャロ」、運転のイライラ解消 装置に特許
http://www.asahi.com/national/update/1211/SEB201012100063.html

 個人発明家の方ですが、特許権を取得することができまたそうで何よりです。ちゃんと弁理士に依頼されているのが良かったのだと思います。
JPB_0004560097.pdf
 日本発明協会でライセンス先を探されているようですが、それ以外にも、INPITの特許流通データベースへの掲載をお勧めしたいところです。
 ところで、本件特許の発明の名称は、「怒声出力装置」とでもいうのかと思っていましたが、「音声出力器」と、意外とおとなしい名前だったので、検索に手間取ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »