« 弁理士試験・短答式筆記試験合格発表 | トップページ | オセロゲーム(リバーシ) »

にほんブログ村

なんだか楽しそうなので、「にほんブログ村」に登録してみました。うまく反映されるかな。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

よろしければクリックしていってください。ランキングが上がれば励みになります。

 さて、今回は吉田正義先生の「明細書作成実務講座」のご紹介です。明細書作成に関する良いテキストは極めて少ないため、この本は極めて貴重な存在とおもいます。まだ発売されて間もない本ですが、この本は実務家にはお勧めです。

 吉田正義先生の「明細書の作成とは、研究者の発明を再構築するものである」という主張には頷かされました。

 研究者は自分の前に存在する成果物(化学物質や電子回路や機械)をもって発明と認識しているのですが、それをそのまま請求項に書くと、極めて容易に回避可能な弱い権利となってしまいます。よって、弁理士の手腕とは、いかにして上位概念化して発明概念を巧く抽出して、広い権利範囲を確保するかということに掛かっております。これが「発明の再構築」です。

|

« 弁理士試験・短答式筆記試験合格発表 | トップページ | オセロゲーム(リバーシ) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にほんブログ村:

« 弁理士試験・短答式筆記試験合格発表 | トップページ | オセロゲーム(リバーシ) »