« 昭和16年夏の敗戦 | トップページ | 星のカケラ »

平成20年度論文式筆記試験合格発表

 昨日は平成20年度論文式筆記試験合格発表でした。合格された601名の方はおめでとうございます。
 発表時間前にはなんだか気になってしまいましたので、午前中の仕事は、esp@cenet で検索して必要事項をメモするという単純作業に徹することにしました。esp@cenet は全世界の特許を英語で検索できたり、ファミリー検索が簡単にできたりする面白い特許データベースなのですけど、ちょっと重いのが難点ですね。使っていて疲れます。
 昨年度のゼミの仲間のうち、Wさんの合格だけは人づてに聞きました。今年の特実の問題は条文準用を追いかけて答案構成するだけで目が回りそうでしたが、その複雑な問題をしっかりと答えられたのが良かったのだと思います。

|

« 昭和16年夏の敗戦 | トップページ | 星のカケラ »

弁理士試験」カテゴリの記事

コメント

多分そのWです(^^;
この間の飲み会ではお世話になりました。

ふと和泉さんのブログを見たら、多分私のことが載っていたのでコメントさせていただきました。

特許庁の方針なのか、実務者有利な問題設定がされていたのでなんとか合格できたようです。
論文試験直前に、ちょうど36条系の拒絶理由に対する中間処理をやっていたので、迷いながらも題意把握できたように思います。

とりあえず、口述落ちせずに、仲間入りできるようにがんばります!

投稿: W | 2008年9月19日 (金) 13時34分

Wさん、おめでとうございます。この間の飲み会の帰りに、Wさんの特実の題意把握をお聞きしたとき、自分には思いつかなかった論点に驚き、同時に「Wさんは通る!」と思っておりました。

最終合格まであともう少しです、これからはペンで文章化するのではなく口頭で相手に喋りかけることが必要になります、Wさんなら知識はある筈ですから、その知識の出力先を変えるだけです。頑張ってください。

投稿: 和泉聡 | 2008年9月19日 (金) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成20年度論文式筆記試験合格発表:

« 昭和16年夏の敗戦 | トップページ | 星のカケラ »