« MIKU_TALK 0.2.1 ソース(VSQ生成部) | トップページ | 特開2002-221978の帰趨#2 »

特開2002-221978の帰趨

特開2002-221978の帰趨について hidonさんからご質問を受けましたので、調査してみました。データベースは特許電子図書館の経過情報検索です。

特開2002-221978「ボーカルデータ生成装置、ボーカルデータ生成方法および歌唱音合成装置」とは、初音ミクに実装されていると思われる発明で、母音のタイミングを音符のタイミングと一致させる為に、子音を先行して発音させるものです。

【課題】 音節を構成する音素のうち、子音に対向する音素を音符の発生タイミングにあわせて発声することにより、伴奏に合わせたバーチャルシンガによる自然な歌唱を実現する。
【解 決手段】 歌詞に対応した音節毎の発音タイミングデータを含むボーカルデータを予め記憶する。再生処理を始めると、音符「ド」に対応した音節「さ」を発声させると き、子音「s」の発声動作を音符の発音タイミングよりも前に始め、母音「a」の発音タイミングを音符「ド」の発音タイミングに合わせる。これにより、伴奏 に遅れることなく、バーチャルシンガによる自然な歌唱を可能にする。

表1、特開2002-221978の経過情報

                                                                                                                                                                
出願記事特許 2001-019141 (平13.1.26) 出願種別(通常)
公開記事2002-221978 (平14.8.9)
発明の名称ボーカルデータ生成装置およびボーカルデータ生成方法
出願人ヤマハ株式会社 <YAMAHA CORPORATION>
発明・考案・創作者劔持 秀紀
公開・公表IPC
国際分類 第7版
   G10L 13/00         
国際分類 第4版
   G10L  3/00        J
出願細項目記事査定種別(拒絶査定)
審判記事登録記録査定不服審判 2004-025743 請求日(平16.12.16) 審判(判定含む) 請求不成立 最終処分日(平19.7.26)

この特許出願は、拒絶査定(特49条)を受けたのち、ヤマハ(株)は平成16年12月16日に拒絶査定不服審判(特121条)を請求しましたが、平成19年7月26日に請求棄却審決を受け、拒絶が確定したようです。よって、この特許出願は不成立のまま終わりました。

 最初の拒絶理由通知書は以下のものです。特開平10-319993号公報を理由に進歩性欠如(29条2項)で拒絶しています。

              拒絶理由通知書

 特許出願の番号      特願2001-019141
 起案日          平成16年 5月31日
 特許庁審査官       渡邊 聡         8622 5C00
 特許出願人代理人     川▲崎▼ 研二 様
 適用条文         第29条第2項


 この出願は、次の理由によって拒絶をすべきものである。これについて意見が
あれば、この通知書の発送の日から60日以内に意見書を提出して下さい。

                理 由

 この出願の下記の請求項に係る発明は、その出願前日本国内又は外国において
頒布された下記の刊行物に記載された発明に基いて、その出願前にその発明の属
する技術の分野における通常の知識を有する者が容易に発明をすることができた
ものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができな
い。

     記   (引用文献等については引用文献等一覧参照)
(請求項1乃至10について)
 下記の引用文献1には楽音合成装置において、ボーカル信号を合成するときの
タイミングについて、ボーカルの子音については人が聞き取りにくく、発音タイ
ミングは母音の発音開始時点に調整した方がよいことが記載されている。
 引用文献1のものはノートオン/オフのタイミングを直接かえて、このタイミ
ングを実現している
が、これを、ノートオン/オフのタイミングは変えずに、
声波形の読み出し時期を制御することにより実現すること
は当業者が容易に発明
をすることができたものである。
 上記以外の構成は、楽音発生装置の技術分野において周知の技術事項である。

 この拒絶理由通知書中で指摘した請求項以外の請求項に係る発明については、
現時点では、拒絶の理由を発見しない。拒絶の理由が新たに発見された場合には
拒絶の理由が通知される。

           引 用 文 献 等 一 覧
1.特開平10-319993号公報
------------------------------------
           先行技術文献調査結果の記録            
                                                                        
・調査した分野  IPC第7版  G10L13/00
                        DB名   
・先行技術文献                             
                                    
 この先行技術文献調査結果の記録は、拒絶理由を構成するものではない。

 これに対する2004年8月6日付けの意見書は以下のものです。先行技術文献が1件だけということは、審査官が相当の自信をもって拒絶理由通知を打ってきていると思われます。よって、出願人側は、本腰を入れて掛からないと特許を受けることはできません。
 しかし、出願人の代理人による意見書はなんだかベクトルがぶれている感じがします。当該発明の優位性を「音素の選択が不要である」ことならば、その点を重点的に述べて有利な効果を主張し、かつ補正により主張した点が明確になるようにすべきですが、そのような対処はなされていません。

【書類名】      意見書
【提出日】      平成16年 8月 6日
【あて先】      特許庁審査官 渡邊 聡 殿
【事件の表示】
  【出願番号】   特願2001- 19141
【特許出願人】
  【識別番号】   000004075
  【氏名又は名称】 ヤマハ株式会社
【代理人】
  【識別番号】   100098084
  【弁理士】
  【氏名又は名称】 川▲崎▼ 研二
  【電話番号】   03-3242-5481
【発送番号】     202468
【意見の内容】
(1)審査官殿は、本願の請求項1~10に係る発明は、その出願前に日本国内又は外国
において頒布された特開平10-319993号公報(以下、引例という)に記載された
発明に基づいて当業者が容易に発明することができたものであるから、特許法第29条第
2項の規定により特許を受けることができない、とのご認定である。
 しかしながら、本出願人は、この認定には承服できず、別紙手続補正書により本願発明
の要旨を明確にするとともに、以下に意見を申し述べる。
(2)本願の請求項1に係る発明は、別紙手続補正書により明らかにしたように「前記音
節を音素に分け、各音節を構成する音素のうち、母音の音素の発音タイミングが前記音符
に対応する発音タイミングに合うように各音節の発音タイミングを指示する発音タイミン
グデータを生成する」ものである。なお、この補正は、本願の出願当初の明細書の段落0
045、0053の記載および図面の図9を根拠としている。
 引例の段落0060~0065の記載によると、引例のものは、音節毎に発音タイミン
グを早める程度を示すクロック数を定めた変換テーブルを記憶し、子音の音素を含む音声
データの発生タイミングをその子音に対応したクロック数だけ早めるものである。しかも
引例によると、この子音に対応したクロック数だけ早める処理は、操作者が発音の遅れ
た歌詞(例えば「か」)を指定することにより行われる(段落0065)

 しかしながら、本願の請求項1に係る発明は、このように、操作者からの指示に従い、
変換テーブルを利用して、音声データの発生タイミングを早めるものではない。本願の請
求項1に係る発明の特徴は、「母音の音素の発音タイミングが音符に対応する発音タイミ
ングに合うように各音節の発音タイミングを指示する発音タイミングデータを生成する」
点にある。

 かかる発明によれば、音節が子音と母音からなる場合であっても、母音の発音タイミン
グが音符の発音タイミングに合ったボーカルデータが自動的に作成されるため、操作者の
手を全く煩わせることなく各音節の母音の発音タイミングが音符のタイミングとが整合し
たボーカルデータが得られる。

 このような技術的特徴は、引例には開示されておらず、示唆もされていない。他の独立
請求項2、7、8も同様である。
(3)結論
 従って、本願発明は特許要件を具備するものと確信致します。よって本願に対し、特許
査定を賜りますようお願いする次第です。

2004年8月6日付けの手続補正書は以下のものです。

【書類名】      手続補正書
【提出日】      平成16年 8月 6日
【あて先】      特許庁長官 殿
【事件の表示】
  【出願番号】   特願2001- 19141
【補正をする者】
  【識別番号】   000004075
  【氏名又は名称】 ヤマハ株式会社
【代理人】
  【識別番号】   100098084
  【弁理士】
  【氏名又は名称】 川▲崎▼ 研二
  【電話番号】   03-3242-5481
【発送番号】     202468
【手続補正1】
 【補正対象書類名】 明細書
 【補正対象項目名】 発明の名称
 【補正方法】    変更
 【補正の内容】
  【発明の名称】ボーカルデータ生成装置およびボーカルデータ生成方

【手続補正2】
 【補正対象書類名】 明細書
 【補正対象項目名】 特許請求の範囲
 【補正方法】    変更
 【補正の内容】
【特許請求の範囲】
  【請求項1】 メロディおよび歌詞に対応するボーカルデータを生成するボーカルデ
ータ生成装置であって、
 歌詞の音節を前記メロディに対応する音符に割り当てる歌詞割当手段と、
 前記音節を音素に分け、各音節を構成する音素のうち、母音の音素の発音タイミング
前記音符に対応する発音タイミングに合うように各音節の発音タイミングを指示する発音
タイミングデータを生成する発音タイミングデータ生成手段と、
 前記音節の音素列データ、前記発音タイミングデータおよび前記音節に対応した音高デ
ータをボーカルデータとして生成し、このボーカルデータを出力するデータ出力手段と、
を備えた
 ことを特徴とするボーカルデータ生成装置。
  【請求項2】 メロディおよび歌詞に対応するボーカルデータを生成するボーカルデ
ータ生成装置であって、
 歌詞の音節を前記メロディに対応する音符に割り当てる歌詞割当手段と、
 前記音節を音素に分け、各音節を構成する音素のうち、母音の音素の発音タイミング
前記音符に対応する発音タイミングに合うように各音節の発音タイミングを指示する発音
タイミングデータを生成する発音タイミングデータ生成手段と、
 前記音節の音素列データ、前記発音タイミングデータおよび前記音節に対応した音高デ
ータをボーカルデータとして生成し、このボーカルデータをシステムエクスクルーシブメ
ッセージに含ませて出力するデータ出力手段と、を備えた
 ことを特徴とするボーカルデータ生成装置。
  【請求項3】 請求項1または2記載のボーカルデータ生成装置において、前記デー
タ出力手段は、前記ボーカルデータをコーラス毎に分けて出力することを特徴とするボー
カルデータ生成装置。
  【請求項4】 請求項1または2記載のボーカルデータ生成装置において、前記デー
タ出力手段は、前記ボーカルデータをフレーズ毎に分けて出力することを特徴とするボー
カルデータ生成装置。
  【請求項5】 請求項1または2記載のボーカルデータ生成装置において、前記デー
タ出力手段は、前記ボーカルデータを各息継ぎ区間毎に分けて出力することを特徴とする
ボーカルデータ生成装置。
  【請求項6】 請求項1または2記載のボーカルデータ生成装置において、前記デー
タ出力手段は、前記ボーカルデータを小節毎に出力することを特徴とするボーカルデータ
生成装置。
  【請求項7】 メロディおよび歌詞に対応するボーカルデータを生成するボーカルデ
ータ生成方法であって、
 歌詞の音節を前記メロディに対応する音符に割り当てる歌詞割当工程と、
 前記音節を音素に分け、各音声を構成する音素のうち、母音の音素の発音タイミング
前記音符に対応する発音タイミングに合うように各音節の発音タイミングを指示する発音
タイミングデータを生成する発音タイミングデータ生成工程と、
 前記音節の音素列データ、前記発音タイミングデータおよび前記音節に対応した音高デ
ータをボーカルデータとして生成し、このボーカルデータを出力するデータ出力工程と、
を備えた
 ことを特徴とするボーカルデータ生成方法。
  【請求項8】 メロディおよび歌詞に対応するボーカルデータを生成するボーカルデ
ータ生成方法であって、
 歌詞の音節を前記メロディに対応する音符に割り当てる歌詞割当工程と、
 前記音節を音素に分け、各音声を構成する音素のうち、母音の音素の発音タイミング
前記音符に対応する発音タイミングに合うように各音節の発音タイミングを指示する発音
タイミングデータを生成する発音タイミングデータ生成工程と、
 前記音節の音素列データ、前記発音タイミングデータおよび前記音節に対応した音高デ
ータをボーカルデータとして生成し、このボーカルデータをシステムエクスクルーシブメ
ッセージに含ませて出力するデータ出力工程と、を備えた
 ことを特徴とするボーカルデータ生成方法。

【手続補正3】
 【補正対象書類名】 明細書
 【補正対象項目名】 0001
 【補正方法】    変更
 【補正の内容】
   【0001】
  【発明の属する技術分野】
 本発明は、例えばパソコンによるコンピュータ・ミュージックに用いて好適なボーカル
データ生成装置およびボーカルデータ生成方法に関する。

【手続補正4】
 【補正対象書類名】 明細書
 【補正対象項目名】 0010
 【補正方法】    変更
 【補正の内容】
  【0010】
 本発明は、以上の問題に鑑みてなされたものであり、伴奏に合わせたバーチャルシンガ
による自然な歌唱を実現することのできるボーカルデータを生成するボーカルデータ生成
装置およびボーカルデータ生成方法を提供することを目的としている。

【手続補正5】
 【補正対象書類名】 明細書
 【補正対象項目名】 0011
 【補正方法】    変更
 【補正の内容】
   【0011】
  【課題を解決するための手段】
 上記目的を達成するために、この発明は、歌詞の音節をメロディに対応する音符に割り
当て、音節を音素に分け、各音節を構成する音素のうち、母音の音素の発音タイミングが
音符に対応する発音タイミングに合うように各音節の発音タイミングを指示する発音タイ
ミングデータを生成し、音節の音素列データ、発音タイミングデータおよび音節に対応し
た音高データをボーカルデータとして生成するボーカルデータ生成装置およびボーカルデ
ータ生成方法を提供する。

 出願人が意見書で反論し、手続補正書で引用文献との差異を出そうとしたにも係わらず、審査官による拒絶査定を受けました。
 審査官は、進歩性(29条2項)を否定し得る論理として、「音素を選択せずに全てに処理を適用することは当業者にとって自明である」という点を指摘しており、当該拒絶査定は妥当とおもいます。

              拒絶査定


 特許出願の番号      特願2001-019141
 起案日          平成16年11月 8日
 特許庁審査官       渡邊 聡         8622 5D00
 発明の名称        ボーカルデータ生成装置およびボーカルデータ生
              成方法
 特許出願人        ヤマハ株式会社
 代理人          川▲崎▼ 研二


 この出願については、平成16年 5月31日付け拒絶理由通知書に記載した
理由によって、拒絶をすべきものである。
 なお、意見書並びに手続補正書の内容を検討したが、拒絶理由を覆すに足りる
根拠が見いだせない。

備考
 出願人は意見書にて下記のとおり主張している。
    記
 引例の段落0060~0065の記載によると、引例のものは、音節毎に発音
タイミングを早める程度を示すクロック数を定めた変換テーブルを記憶し、子音
の音素を含む音声データの発生タイミングをその子音に対応したクロック数だけ
早めるものである。しかも、引例によると、この子音に対応したクロック数だけ
早める処理は、操作者が発音の遅れた歌詞(例えば「か」)を指定することによ
り行われる(段落0065)。
 しかしながら、本願の請求項1に係る発明は、このように、操作者からの指示
に従い、変換テーブルを利用して、音声データの発生タイミングを早めるもので
はない。本願の請求項1に係る発明の特徴は、「母音の音素の発音タイミングが
音符に対応する発音タイミングに合うように各音節の発音タイミングを指示する
発音タイミングデータを生成する」点にある。
 かかる発明によれば、音節が子音と母音からなる場合であっても、母音の発音
タイミングが音符の発音タイミングに合ったボーカルデータが自動的に作成され
るため、操作者の手を全く煩わせることなく各音節の母音の発音タイミングが音
符のタイミングとが整合したボーカルデータが得られる。
 出願人の主張する、操作者が発音遅れの歌詞を指定する必要性については、引
用文献のものにおいて、
単にすべての歌詞を指定すれば本願発明のものと同じと
なることは自明のこと
であり、引用文献1のものは操作者の自由度を高めるため
に、あえて、遅れを感じた歌詞のみ指定できるようになっているのであるから、
あらかじめこのような機能を設けずにすべての歌詞について、一律に、発音タイ
ミングの変更を行うようにすることは当業者が適宜なしえたこと
である。
 そして、引用文献1にの【0059】、【0060】の記載を見れば、その技
術思想は、結局本願発明と同じ、音声波形を通常のノートオンタイミングで読み
出すと、子音の発音時間分だけ聴取者には発音が遅れたように聞こえる課題を解
決するため、ノートオンのタイミングが母音の発音開始時点となるように音声素
片の読み出しタイミングを調整することが記載されているから、本願発明は上記
拒絶理由通知書に記載された発明に基づき当業者が容易に発明をすることができ
たという拒絶の理由は解消していない。
                                 以上
続きは明日にでも記載します。

|

« MIKU_TALK 0.2.1 ソース(VSQ生成部) | トップページ | 特開2002-221978の帰趨#2 »

初音ミク」カテゴリの記事

コメント

わざわざトピックとして取り上げて、解説してもらえるとは、、、
これは勉強になります。

第29条2項での拒絶だったんですね。
こちら
http://www1.ipdl.inpit.go.jp/RS1/cgi-bin/RS1P407.cgi
では拒絶理由が第1項で、
こちら
http://www1.ipdl.inpit.go.jp/RS1/cgi-bin/RS1P409.cgi
では第2項になってるので不思議に思ったのですが、
拒絶理由通知書見る限りDBの間違い、みたいですね。

投稿: hidon | 2008年5月14日 (水) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110295/41201194

この記事へのトラックバック一覧です: 特開2002-221978の帰趨:

« MIKU_TALK 0.2.1 ソース(VSQ生成部) | トップページ | 特開2002-221978の帰趨#2 »