« 鬼門は商標法と平成18年改正部分 | トップページ | 春秋会の口述模擬試験 »

VOCALOID@DCAjニュース

2003年6月度DCAjセミナー「最先端「音楽ツール」の紹介」で、剣持秀紀氏がVOCALOIDの紹介セミナーの講師を努めておられます。やはり剣持氏は VOCALOID 開発リーダーなのでしょうね。

このときの様子は、DCAjニュースの26ページに掲載されており、要点を一部引用します。

『VOCALOID』は、OS「Windows 2000」および「同XP」上で動作する(CPU: Pentium III、1GHz以上、RAM:512MB以上を推奨)。MacOSについても対応を予定している。

という訳で、ヤマハにユーザーからの熱い要望が届けば、MacOS や Windows2000 での VOCALOID も実現されるかもしれません。(笑)

2006年3月には、デンソー・ブリヂストン・ヤマハ現場が欲しがる人材/Tech総研 で、剣持氏が VOCALOID開発者としてインタビューを受けています。このインタビューによると意外と現在の開発者は少ないのですね。2002年の VOCALOID 開発時に限定してエンジニアを集結したのでしょうか。

現在のこの開発メンバーは2人で行っています。海外の共同研究機関や、ソフトウェアのチェックする人などの関係者を含めても7~8人くらいですね。

情報処理学会 によると、来週の10月11日午後に、ヤマハ本社来客会館にて、剣持氏による VOCALOID の発表があるそうです。「今をときめく VOCALOID」ということで、普段を見られない一般の取材の方が詰め掛けそうですね。

|

« 鬼門は商標法と平成18年改正部分 | トップページ | 春秋会の口述模擬試験 »

初音ミク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110295/16643728

この記事へのトラックバック一覧です: VOCALOID@DCAjニュース:

« 鬼門は商標法と平成18年改正部分 | トップページ | 春秋会の口述模擬試験 »