« 大正大学巣鴨校舎 | トップページ | 図書館巡り »

Wセミナー 択一公開模試(第2回)

昨日は、Wセミナーの択一公開模試を受けてきました。なんだかどっと疲れました、これほど疲れた試験ははじめてです。
理由は、「いくつあるか問題の多さ」「PCTは難問」「パリ条約は基本書からの言い回しを出題」などで、掟破りの難しさでにより、得点は39点でした。
法域ごとの分析は以下のものです。

特実(四法含)・・・12/19
意匠・・・・・・・・・・・8/10
商標・・・・・・・・・・・8/10
不競・・・・・・・・・・・2/5
著作権・・・・・・・・・3/5
条約・・・・・・・・・・・6/11

①確実に正解だったもの。
②偶然に正解だったもの。(いくつあるか問題の○×の個数一致)
③正解だが、正しく切れない枝があったもの。

④正しく切れない「?」の枝で不正解だったもの。
⑤完全に不正解だったもの。
⑥ケアレスミス。

特実・・・①9 ②0 ③3  ④3 ⑤4 ⑥0
意匠・・・①2 ②0 ③6  ④0 ⑤1 ⑥1
商標・・・①4 ②0 ③4  ④1 ⑤1 ⑥0
不競・・・①0 ②0 ③2  ④1 ⑤2 ⑥0
著作・・・①0 ②1 ③2  ④0 ⑤2 ⑥0
条約・・・①1 ②0 ③5  ④0 ⑤5 ⑥0

小計・・・①16②1 ③22 ④5 ⑤15⑥1

③④のようにあやふやな27門中 22問を正解に持っていったのは良しとして、完全に誤った答えを導出してしまった15問は何らかの対策が必要です。

特に不正競争防止法・条約は今回は難しかったとおもいます。PCTの難しさは、昨年度の本試験を思い出してしまいました。

|

« 大正大学巣鴨校舎 | トップページ | 図書館巡り »

弁理士試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110295/15075560

この記事へのトラックバック一覧です: Wセミナー 択一公開模試(第2回):

« 大正大学巣鴨校舎 | トップページ | 図書館巡り »