« 平成19年度弁理士試験・短答式筆記試験 | トップページ | 論文書込み再開 »

平成19年度弁理士試験・短答式筆記試験 #2

本日4時に特許庁から短答式筆記試験の答えが公開されましたので、点数をチェックしたところ、44点と確定しました。
法域毎の点数は以下のものです。

特許 14/17
実案  1/2
意匠  7/10
商標  7/10
四法  1/1
不競  4/5
著作  4/5
条約  6/10
・・・パリ 3/4
・・・PCT  2/4
・・・TRIPs 1/2

吉田ゼミの推定解答枝が特許庁の発表と3つも相違していたので驚きました、それだけ微妙な問題が多かったのですね。

解答状況と法域の関係を以下に記載します。

①確実に正解したもの・・・・・・・・・・・・・  23問
②あやふやながらも正解したもの・・・・ 21問
③あやふやで、かつ間違ったもの・・・・  6問
④完全に間違ったもの・・・・・・・・・・・・・  10問

特許・・・① 6  ② 8   ③ 2 ④ 1
実案・・・① 0  ② 1   ③ 1 ④ 0
意匠・・・① 6  ② 1   ③ 1 ④ 2
商標・・・① 2  ② 5   ③ 1 ④ 2
四法・・・① 1  ② 0   ③ 0 ④ 0
不競・・・① 3  ② 1   ③ 0 ④ 1
著作・・・① 2  ② 2   ③ 0 ④ 1
条約・・・① 3  ② 3   ③ 1 ④ 3

全体・・・①23  ②21  ③ 6 ④10

あやふやな枝を含む問題は27問あり、うち21問が解答できたのは良かったと思います。この判断をうっかり間違った方に倒してしまうと、たちまちボーダーラインの下に沈んでしまうのですから。

次の論文試験では、文章で実力が問われます。
あやふやな知識を晒すことなく、確実に条文の定義、趣旨を述べて論旨展開できるようになりたいものです。

|

« 平成19年度弁理士試験・短答式筆記試験 | トップページ | 論文書込み再開 »

弁理士試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成19年度弁理士試験・短答式筆記試験 #2:

« 平成19年度弁理士試験・短答式筆記試験 | トップページ | 論文書込み再開 »