« 【弁理士試験】湯島天神へ参拝 | トップページ | 【弁理士試験】妙な時間に起きたので勉強 »

【弁理士試験】定義・趣旨

定義について、ちゃんと覚えていて書けるかチャレンジです。

意匠の要旨とは、出願当初の願書及び添付された図面等から当然に導き出すことができる意匠の同一性の範囲をいう。

意匠の要旨の変更とは、出願当初の願書及び添付された図面等から当然に導き出すことができる意匠の同一性の範囲を超えて補正すること。または、出願当初は不明であった意匠を明確なものに補正すること。

ここで、子供の寝かしつけのためにブログの書き込みは中断です。

|

« 【弁理士試験】湯島天神へ参拝 | トップページ | 【弁理士試験】妙な時間に起きたので勉強 »

弁理士試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【弁理士試験】定義・趣旨:

« 【弁理士試験】湯島天神へ参拝 | トップページ | 【弁理士試験】妙な時間に起きたので勉強 »